メインロゴ

家出人・失踪人調査サイトは探偵に人探しや尋ね人/行方調査や捜索/相談を考える方の全国対応サポートサイトです。

家出人・失踪人調査や捜索・捜査のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-985-341

家出人・失踪人調査/捜査/捜索のポイントimportance

家出人・失踪人、調査・捜査・捜索調査のポイント

初動対応の重要性

警視庁「平成30年における行方不明の状況」
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H30yukuehumeisha.pdf

参考)所在確認等の期間
”30年中に所在が確認等された者は84,753人で、このうち、警察又は届出人等において所在が確認された者は72,949人。届出受理から所在確認(死亡確認、その他を除く。)までの期間は、受理当日が最も多く34,303人、次いで2日~1週間以内の23,896人。”

警視庁資料では、上記の通り届け出当日に発見されることも多くあります。初動対応がとても重要となります。

捜索願の届け出

家出・失踪の可能性が出てきましたら、まずは警察に捜索願を提出してください。なお、家出人の条件に応じて警察の対応が異なります。

・ 一般家出人…本人が成人であり、自らの意思での家出・失踪した場合(警察の捜査無し/職質や検問などで希に見つかる場合も有りますが、拘束力は有りません)
・特異家出人…精神疾患、痴呆などによる自給無能力者(警察の捜査は状況により有り)
・ 事故/事件性が有る場合…誘拐、拉致、監禁など第三者の介入及び事件性のある場合(警察の捜査あり)

遺留品確認

免許書、使用車、持ち出した衣服/靴等、パソコン、携帯電話、資格・免許、クレジットカードの履歴、勤務先、職歴、学歴、土地勘、金融機関/口座利用状況、持病・病歴、趣味嗜好、交友関係・SNS、所持金、年賀状等の郵便物など ※直近での言動や行動の変化等が有れば、それも重要なポイントになることもあります。

警察と協力しての対応

特に「一般家出人」の場合は「事件性の低さ」や「民事不介入」等の理由により警察が積極的に介入してくれない(捜査してくれない)事例も有ります。弊社のような全国ネットワークの民間機関と併用することで、発見の確率が上がります

疑わしい段階でもまずはご相談ください

家出や失踪は原因や理由が様々です。また、状況によっては緊急度が高いものもあります。不安な場合は、まずは専門家へのご相談をお勧めいたします。

お申し込みまでの流れ

ご相談→内容ご説明→ご契約→調査→完了ご報告

お悩みの解決は1分の無料相談フォームから

あなたのお悩みにプロがお答えします!24時間無料相談フォーム

お電話ご相談窓口 24時間ご相談窓口

0120-985-341

お急ぎの場合お電話で受け付けております。

メールフォームにて、家出人・失踪人に関する相談を24時間受け付けております。
お悩みの方はお気軽にご連絡ください。
●入力してください
●入力してください
●入力してください
●入力してください●メールの形式が正しくありません
●入力してください
●入力してください
円くらい
●入力してください
※通信はSSLで暗号化されますので、
ご安心ください。
※お急ぎの方は電話でのご連絡をおすすめします。